遠隔地事務所の従業員が、事務所の電話で指定の番号に電話を掛けるだけで「簡単」に「正確」な勤怠管理ができる、それが『ワンタッチ勤怠』です。

固定電話や携帯電話などシステムに登録した電話から指定の電話番号に電話を掛けると、出勤・退勤の情報をとるシステムとなっています。

つまり、タイムイカードの代わりに電話を使う勤怠管理システムです。事務所に今ある電話を使うだけなので、ICカードリーダーなど新たな機器を導入する必要がなく、ムダな設備投資費用が発生しません。

電話機に指定の電話番号を短縮登録すれば「ワンタッチ」の操作をするだけ。電話を掛けて、発信音が鳴ったら、応答しませんので電話を切って構いません(いわゆる、ワン切です)。通話をしないので通話料は無料でご利用いただけます。

従業員の方は、出勤や退勤の意識をせず、ただ電話を掛けるだけ。あとは、全てシステム側が行うとてもシンプルな勤怠管理システムです。ですから、高齢者の方が多い事務所でも簡単に使えます。

「ワンタッチ勤怠」は、複数の遠隔地に少人数が就業している「マンション管理業」「清掃業」「ビルメンテ業」などの企業の勤怠管理に大きな効力を発揮します。

また、百貨店やショッピングモールの店舗などの開店遅延(オープンミス)の対策にも同様に大きな効力を発揮します。

出勤状態表示、就業時間自動集計、給与ソフト連携などはもちろん、緊急メール配信など多くの機能がご利用できる「ワンタッチ勤怠」を、ぜひご体験下さい。