導入者様の感想:1

横浜:マンション管理会社

導入前は、管理人個人で出勤簿に記入し、締め日に本社へ郵送という形を取っていました。
このため日々の管理人の出勤・退勤状況が掴めない、出勤簿に信憑性がない、本社に送られてきた出勤簿が揃ってから給与支払いまで短期間のため 残業・休出で対応しなければならないなど勤怠に関しては多くの問題を抱えていました。さらには管理組合様から「管理人が遅刻」「管理人がいない」「勤怠管理の方法を提示してください」などの苦情も寄せられていました。

勤怠管理システムを導入することを考えましたが費用の負担が大きく困っていたところ「ワンタッチ勤怠」システムを紹介していただきました。
「ワンタッチ勤怠」は、管理人が毎日出退勤時に固定電話からワンタッチ・ワンコール発信することで出退勤が記録でき高齢の管理人でも問題なく対応できるということ、 管理人室の電話を使う事で設備投資は不要、通話相手がコンピュータで応答しないので通話料もかからず月々の利用料のみで一極集中多数勤務先の弊社の勤怠管理に合致していることで最終決定をしました。

導入前、一部の管理人は会社のために出勤時間より早く来て段取りを行っていても、出勤簿では熱意が伝わりずらかったが導入後は毎日リアルタイムで 出勤状況を把握しているので、管理人のモチベーションが上がるようになり、仕事の質も向上し遅刻・早退が殆どなくなったという効果も出ています。

本社の勤怠管理担当者は、導入後は毎日リアルタイムで勤務状況を把握でき、勤怠異常時には直ぐにメールにて知らせてくれたり集計業務も不要なので、導入前に比べ時間的にも精神的にも大きな余裕ができ、 その分、別の業務をこなせるようになったと喜んでおります。

管理組合様からの管理人に対する苦情は勤務状況の向上により勤怠関係に関しては無くなりました。
又、弊社の窓口担当者は管理組合様から管理人の勤怠の管理の仕方を聞かれると管理人が出勤簿に記入しているとは言えずに勤怠システム導入を 検討中ですと答えるしかなかったところ、導入後は「システムで管理しています。お見せしましょうか?」と言えることがうれしいと言っております。

経営側としましては、過去に管理人が体調不良で管理人室で倒れていたことを誰も気づかなかったという事例がありリアルタイムに管理人の勤怠管理を 行いたいと考えていました。
設備費用や通信費用なども不要で、月々の利用料のみで問題が解決できたことは願ったり叶ったりで導入して本当に良かったと大変感謝しております。

 

導入者様の感想:2

東京:清掃業会社

清掃員の出退勤の把握に導入しました。導入前は、従業員には毎日、管理者の携帯電話へ出勤時と退勤時に電話を掛けさせ管理者は携帯電話の着信履歴を確認しExcelへチェックしていました。

管理者の携帯の着信履歴には膨大な数の出退勤の発信元の電話番号がたまっており、Excelへの記入も大変な作業で一日のうち多くの時間を費やしていました。また、人が行うので間違いもありました。

そんな中、現状の操作とは変わりなく出退勤の管理ができるシステムを探していたところ「ワンタッチ勤怠」のサイトを発見し電話を掛けるだけで勤怠管理ができるということで説明を受けました。

まさに探していたシステムと思い30日体験版を使用させてもらいました。体験版では、Excelチェックと並行で行う事から最初は20人で始めることとしました。

体験版も申込後3日で利用可能となり、テストの人数分の従業員も簡単に登録することができ、翌日には清掃員は新たな電話番号にも掛けることでテスト運用開始となりました。

テスト運用開始日からは、タイムリーに従業員の出勤・退勤が画面で確認することができたりタイムカードを印刷できたりと管理者は何もする必要はなく別の仕事へ時間を割り振ることが出来るようになりました。

大変だったExcelへのチェックより解放されると思うと待ちきれず、体験一週間後には全従業員を「ワンタッチ勤怠」へ移行し利用しました。

30日体験版終了後、正式契約を取り交わしそのまま現在まで利用させていただいております。

今、は出退勤の確認を主に行っておりますが、次には就業時間の自動集計も行っているので、給与との連携をしたいと考えております。